沖縄県立開邦中学校

修学旅行実施方法についての保護者アンケート(依頼)

 残暑の候、保護者の皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。また、平素から本校教育活動へご理解とご支援をいただき厚くお礼申し上げます。

 さて、本校は修学旅行を令和4 年10 月25 日(火)~ 28 日(金)に3 泊4 日の関西方面を計画しています。しかし、全国的にコロナ罹患者も多く、まだまだ油断ができない状態です。そこで、修学旅行の実施方法について、保護者の意見を踏まえ、検討したいと考えています。

 修学旅行は、生徒たちにとってかけがえのない貴重な経験となる有意義な教育活動であるため、その教育的意義や生徒の心情等を考慮し、適切な感染防止策を十分講じた上で進めていきたいと考えています。

 現在、関西方面を計画しています。平素とは異なる生活環境にあって、県外大学見学等の見聞を広めることができ、貴重な体験ができると考えます。しかし、現地で生徒がコロナ陽性、濃厚接触者となった場合、次のようなリスクがあります。

①陽性となった場合は、保護者に迎えに来てもらい滞在して、連れて帰ってもらう。
(保護者の飛行機代、ホテル宿泊代は一部保険が適応されるが本人の延泊代は適応されない。)
②濃厚接触者となった場合は、保護者に迎えに来てもらい、連れて帰ってもらう。
(保護者の飛行機代、宿泊代等は保険が適応されない。)
③保護者が到着するまで体調不良者に職員が対応してしまうと引率職員が少ないため、他の生徒へ目が行き届かない不安がある。

 学校側は代案として、中学校3 年生に対しては、1 泊2 日の県内案も検討しています。コロナ陽性、濃厚接触者となった場合は、保護者に迎えに来てもらうことが容易になり、保険対象外の金銭面の不安もなくなります。しかし、宿泊日が減り、生徒たちの新しい体験が少なくなります。また、中学校2 年生に対しては、次年度への延期を考えています。

 以上のことを踏まえ、家庭で子供たちと相談し、別紙のアンケートの回答をお願いします。アンケート回答期間が短いのですが、ご了承ください。

1.ねらい: 修学旅行の実施方法について、保護者の意見を踏まえるためにアンケート調査を行う。
2.対象: 中学校2・3年生保護者
3.調査期間: 令和4年8月29日(月)~8月31日(水)
4.提出方法: 以下のリンクからアンケートに回答してください。※学年でリンク先が異なります。ご注意ください。

中学2年 保護者対象

 https://forms.office.com/r/Uj6kheqQcd

中学3年 保護者対象

 https://forms.office.com/r/8ydyMCEW5N